理想の仕上がりのために

カラーチャート

カラー表紙の印刷法

自分で原稿を描いて同人誌を作るとき、印刷所選びはとても重要です。特に表紙をきれいにカラーで仕上げたいと考えているのなら、どのような印刷方法があるのかあらかじめ知っておくと良いでしょう。今一番多くの印刷所で同人誌の表紙印刷に使われている方法が、4色分解というカラー印刷方法です。これは、カラーの原稿の色を一度シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色に分解し、印刷の際にはそれぞれのインクの割合で色を再現していくという方法です。4色で再現できる色の範囲内での印刷になりますから、元の同人原稿と色味が違うこともあります。全体的に落ち着いた色合いになることが多いようですが、印刷所の技術によって再現の幅がありますので、信頼のおける印刷所に依頼するとことが大切です。また、肌色や薄い赤系の色の発色をよくしたい、というときには蛍光ピンクを使用した4色分解もあります。ただ、この方法ですと濃い赤やオレンジはうまく再現できませんので、自分のイメージによって選び分けるのが一番です。もし、赤もオレンジも肌色もはっきりさせたいというキャラクターを表紙に書くのでしたら、基本の4色に蛍光ピンクを足した5色分解という印刷をしてくれる印刷所もあります。さらに、よりクリアで美しいカラー表紙の同人誌が作りたいという方には、広域カラー印刷という方法を取り入れている印刷所も増えてきました。この方法は液晶ディスプレイなどに使われるRGBカラーにより近い発色が可能で、仕上がりも4色分解より鮮やかで透明度の高いものになります。ただし、値段は4色分解よりも高い傾向にありますから、自分の原稿に合う印刷法はどれなのかじっくり選んでみてください。